営業日カレンダー

2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

定休日

本日

 

 7丱サ型タイプ 商品詳細について


純ゲルマニウム粒7丱サ型は、当店で最も人気がある純ゲルマニウム粒です。

直径7个箸いΕ汽ぅ困蓮肩や腰などの広い筋肉の貼付にも十分な大きさであり、足や腕などの全身のつぼの押圧にも適しています。

一般に流通する貼替シールの穴径にも多いサイズですので、ゲルマニウム粒を初めて使われる方、何を選んだらよいかわからない方には、こちらのタイプをおすすめしております。

Q&A

 先端の程よい傾斜が人気のポイント


7丱サ型の人気のポイントは、広範囲に使いやすいサイズであるとともに、その形状にあります。

体のツボなどに貼付する際、先端が傾斜しているとピンポイントにフィットし心地よく圧力がかかりますが、尖りすぎると痛みや不快感を感じ、長時間使用できない場合もあります。

7丱サ型は、ご使用中に不快感や違和感を感じずに、かつしっかりと密着・押圧するよう、試験を重ねてたどり着いた形状です。

Q&A

 用途に応じた大きさをお選びください

【7.2丱汽/7丱サ】
大きさとボリュームがあり、全身の貼付・押圧に人気のサイズ。 
【5丱サ/5丱汽蕁
7丱汽ぅ困茲螳豌鵑蠑さい、小ぶりなタイプがお好みの方に。
【3丱汽蕁
耳ツボや顔のツボなどの細かい部位の貼付に。
足裏に貼っても痛くない大きさなので、足ツボを刺激したい場合はこちらをどうぞ。

※専用接着剤などを使用しハンドメイドでゲルマニウムアクセサリーを作る場合は、3弌5个両さなサイズがおすすめです。

Q&A

 肌を傷つけないなめらかな使用感


肌に触れるものが、ザラザラとしていたり、突起があると安心して使用することはできません。
ピークパインのゲルマニウム粒は、1点づつ手作業で研磨作業を行い、表面にツヤがでるまで丁寧に磨きをかけています。

使い捨てであれば簡易的な仕上げでも問題ないかもしれませんが、ゲルマニウム粒は、破損・紛失しない限り半永久的に使用できるもの。
長くご愛用いただきたいからこそ、しっかりとした品質管理を行っています。

Q&A

 そもそも、ゲルマニウムとは何?

ゲルマニウムは、自然界の鉱石などから抽出される半導体物質です。半導体とは、条件に応じ導体(電気を通す性質)となる物質のことで、ゲルマニウムは、温度が32度以上になることで良導体となります。
1885年(明治18年)にドイツの科学者ウィンクラーによって発見されました。

■元素記号 Ge  ■原子番号 32 ■原子量 72.64
■比重 5.32    ■硬度 6     ■沸点 2830℃
■融点 938℃   ■14属 炭素族 亜金属(半金属)
■地殻中に0.00014%   

Q&A

 32度以上に温まることでマイナス電子を発動


ゲルマニウムは32℃以上になることで良導体(電気を通す素材)となり、その結果原子核の周囲を周遊するマイナス電子が活発化し、外に放出されます。

ゲルマニウムの半導体の性質は、物質としての特性ですので、時間の経過とともに減ったり消失したりするものではありません。

その意味でゲルマニウム粒も、紛失・破損しない限り半永久的にご使用いただけます。

Q&A

 電子工学の分野で活用される


半導体としてのゲルマニウムの電子的特性は、古くから電子工学や工業分野で認められ、様々な形で活用されてきました。

トランジスタ(電気回路をコントロールする部品)やダイオードなどの電子部品、赤外線工学の光ファイバーなどの利用が代表的です。
 

Q&A

 体に流れる電気エネルギー "生体電流"


「電気」と聞くと、電化製品や電子機器をイメージしますが、実は私たちの体にも生体電流という微弱な電気が常に流れています。

そして、細胞の中ではプラスとマイナスの電子がお互いに釣り合うことでバランスを取りながら機能しています。

しかし、体に痛みやコリが生じると生体電流のつり合いが乱れ、その不具合・不快感のある部位はプラスの電子に偏った状態になるとされます。
このような生体電流の乱れを調整することは、体に起こる様々な不具合や不快感を和らげることにつながると言われています。
 

 健康サポートの一環として

東洋医学の概念に「気血」というものがあります。
気血とは、わかりやすく言うと体を流れるエネルギーのことで、そのエネルギーの通路のことを、「経絡」と呼びます。
体のツボは全身に360か所以上存在しますが、そのそれぞれが経絡上にあり、他のさまざまな重要な器官へとつながり、影響を与えていると考えられています。


ピークパインの純ゲルマニウム粒は、体のつぼや、不快感のある部位への貼付に適するよう形状を工夫し、肌に優しい安全な品質であるよう、原料も純ゲルマニウムのみの無垢粒にこだわりました。
ぜひ毎日の健康サポートの一環としてお役立ていただければ幸いです。

Q&A